国内

雄琴ソープ ガールズファンタジー「ミス・白山コンテスト」

あらすじ

白山登頂に成功した僕は近くの石川県白山市にある白峰地区の「町おこし」としてミス・白山コンテストを開催することにした。場所は白山市から200キロ離れた雄琴のソープ「ガールズファンタジー」。ちなみに白峰地区への貢献のため店に入る料金は自分の私財を投げ打った。果たしてミス白山は現れるのでしょうか?

雄琴ソープ「ガールズファンタジー」とは

雄琴のガールズファンタジーはファンの間ではガルファンと呼ばれるガジュアル・ソープ店です。雄琴ソープで唯一実物指名ができるお店となっています。海外風俗で言えば、マカオ・上海のソープとかタイのゴーゴーバーと一緒です。日本では珍しい形式ですが世界的に見ればスタンダードな形式です。ここは高級ソープのフォーナインと同じ系列店です。ちなみにフォーナインは当日指名できませんが女の子が一斉にフロアに登場します。雄琴に普段行かない一見さんであれば、女の子をたくさん見れるので、絶対ここをオススメします。今やコロナで距離が遠くなった海外風俗を思い出すこともできると思います。

当日に実物の女の子も指名できますが、事前に女の子を予約することも可能です。指名が入ってる女の子は顔見せの登場の際に花束を持っていて、花束を持っていれば当日にその子を指名することはできません。花束を持ってるのがミャンマーのエンペラーみたいです。ちなみにどちらも持っている花は高山植物だと思う。個人的に女の子を判断するのに迷うタイプなので、今回はエイヤで事前に女の子を予約しました。

雄琴ソープ「ガールズファンタジー」の概要・料金体系

営業時間:10:00~LAST

TEL:077-579ー8880

https://girlsfantasy.jp/main/

料金は体系は以下のようになっております。

  • ご入浴料40分:8,200円
  • ご入浴料50分:10,200円
  • 指名料:+3,000円

ここにサービス料の10,000円がプラスされ、サービス料は女の子に直接渡す形式となっています。

メルマガ会員になると前日17時30分に予約もできますし、時間帯によっては料金もお安くなります。

  • 10:00〜 5,000円OFF
  • 11:00〜 4,000円OFF
  • 12:00〜17:00 3,000円OFF
  • 土日限定サービス 10:00〜12:00 3,000円OFF

顔見せの時間が一時間に一回あります。この時間に合わせるため、コース料金は60分以下の40分or50分に設定されています。事前・当日に関わらず、指名料は3,000円かかります。フリーだと3,000円かかりませんが、見せしめに激塩嬢を当てられると噂されています。塩過ぎてプレイの後に琵琶湖に飛び込んでも沈まないと言われているそうです。雄琴の都市伝説です。信じる信じないは貴方しだい。

雄琴ソープ「ガールズファンタジー」の地図・アクセス情報

場所はゴールデンゲート・シルクロードを通ります。左サイドのシルクロードゲートの客寄せのプレスの方が圧が高いので回潜るならゴールデンゲート側をお勧めします。比叡山坂本駅まで車での送迎もしてくれますが、プレー前はシャワー形式なので隣のスーパー銭湯「あがりゃんせ」で身を清めるのが良いと思います。ちなみに個人的には雄琴は隣の川筋通りを歩く時が一番興奮します(笑)

ミス白山コンテスト

ミス白山コンテストの由来はデヴィッド・リンチが制作指揮をとったドラマ「ツインピークス」のミス・ツインピークス・コンテスト。ツインピークスは米国ワシントン州の田舎町でホワイト・テールおよびブルーパインという、2つの山によって抱かれる地形に由来します。ここで女子高生ローラ・パーマーが何者かに殺され、事件の真相を追うのがドーナツとコーヒーを愛する男、我らがエージェント・クーパーである。ツインピークスのストーリーは複雑で詳しく説明しないとわからないので割愛しますが、シーズン2で「町おこし」としてミス・ツインピークスが開催されます。このコンテストでクーパーの彼女アニー・ブラックバーンがクーパーの宿敵アールに誘拐されます。

今回ミス白山コンテストで事件の真相を追うのは私ことエージェント「くぱぁ」。クンニした後にコーヒーとドーナツを食べるのが何よりも好きな男だ。コンテストの場所は実物の女の子を指名できる雄琴の「ガールズファンタジー」だ。コンテストの基準はトーマス・マンの「魔の山」に出てくるクラウディア・ショーシャ夫人のような白い肌の女性。優勝者には白山のふもとにある国際サナトリウム「ベルクホーフ」の1年分の無料宿泊券とジョージア・コーヒーが贈呈されるぞ。

体験談

ミス白山コンテストを開催するため雄琴にあるガールズファンタジーへ向かった。コンテストの開始は14時。15分前には店に来るように言われた。宿敵アールが潜んでいるかもしれないので慎重に店の中に入る。カウンターで入浴料金を支払うと店内のソファー席に座る。ソファーの色は赤一色。まるでツインピークスにあるカジノとエッチのできるお店「片目のジャック」みたいなコーディネートだ。「片目のジャック」の経営者ホーンさんはホテルも経営していて日本人の投資家から出資を受けていたけど、日本に姉妹店をオープンさせていることは知らなかった。

時間になると前にある大きなTV画面でシステムの説明を受ける。飛行機に乗ってるような気分だ。店員の女の子がシステムの説明が完全に終わる前に電源OFFにするのがネットフリックスのドラマ・映画のエンドロールみたい。

いよいよ女の子が登場。マカオみたいでテンションが上がる。女の子はまぁまぁ選べる感じで15〜16人いて4〜5人はエッチしたいと思える女の子がいる。ひかるちゃんが僕の中で一番ミス白山に近く、くぱぁしたい女性だったけど残念なことに予約済みだった。花束持ってない子でしゅうちゃんという子がルックス的に可愛かったですが、既に事前に女の子を予約済みだったので、あの子を当日指名すれば良かったと悔しくて地団駄を踏みました。ちなみにエイヤで予約した女の子はルックスは微妙でした。当日に実物指名すれば良かったです。人生って本当に選択の連続ですよね。

この店の人気をさらに上げるための改善としては、当日指名ならば入場料だけ払ってお目当ての子がいなければパス。もしくは指名済みの子をあとで予約できるようにすれば最高だと思います。

顔見せが終わると女の子がやって来て指名を受けたお客さんの隣に座り一斉にキスタイムが始まる。ここポイントですが、自分がキスするよりも若い女の子とおじさんのキスを観てる方が断然興奮します。おじさんの幸せそうな顔を見るとこちらも微笑ましい気持ちになっております。エロスと高齢化の国ジャパン、万歳!!って感じです。お年寄りだけがますます元気になっていきますね。この国の将来が心配で仕方ありません。

女の子とキスをした後に階段を上がり、2階の部屋へ行きます。ここで道に迷い赤い部屋に行き着いてしまうと小さいおじさんのダンスと歌を聴くことなるので注意してください。プレー時間をは50分を選択しました。湯船はないですが女の子がしっかり先体してくれます。カジュアルな分だけイソジン・歯磨きもあり衛生面には気を使ってくれます。女の子は肌触りは良くなかったし、ベロチューもなかったので良い印象はないですが、アソコの締まりが抜群で正常位メインで気持ち良かったです。ここはコスパが高いしカジュアルなので数当たってお気に入りの女の子を見つけるのが良いと思います。顔見せ実物指名なので「ツインピークス」みたいに事件の真相を掴むのにシーズン2までやる必要はないと思う。でも「ツインピークス」のようにリターンズはします。ではハレルヤ!

《完》